釣りガール実際にデコリールを持って江の島に釣りに行ってきた。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

2011年9月26日



ご無沙汰してます。

釣りガール第1回目のコラムからだいぶ時間が経ってしまいました。
そろそろ秋も深まってきて絶好の釣りシーズンに入ります。デコリールも作りました。

ということで、今回は実際に1回目のコラムで作ったデコリールを持って江の島へ行ってきました。
目指すは裏磯。

江の島にはいくつか釣りのポイントがありますが、今回は裏磯を目指します。
早朝6時、観光で江の島に行ったことのある方はいつも観光客でにぎわっているイメージがあるかと思いますが、さすがにこの時間は人もまばら。
ウォーキングをする地元の方か釣り人くらいしかいません。



裏磯は江の島神社のすぐ横の坂道を上がっていきます。



途中の道は景色もよく、野生のリスがいたり、アケビの実があったりと歩いているだけで色々な発見があって楽しい。
単純にハイキングとしても楽しめる道中です。

歩いて約15分。
やっと裏磯へつきました。

まだ人もまばらですが、6時前にこないと自分のポイントを抑えられません。



7時過ぎるとこんな感じで人が多くなります。




早速デコリールをセット。
遠くからみると、デコリールとは分からないのではないかと思う位自然にロッドになじんでいます。



餌は青イソメです。
この餌付けが釣りガールのひとつの難関になるかと思います。

虫餌は針に付ける時に抵抗あると思いますが、よく釣れます。
専用の指サックみたいなものも売っているので、どうしても抵抗がある場合はそういう道具を使ってみても良いかもしれません。



さて、いよいよデコリールのデビューです。

・・・・ 実際にやってみると非常に言いにくいのですが、実際釣りにくい。。。
ここまでギラギラにデコレーションしてしまうと駄目です。

作った際に何回か巻いてみたりしたのですが、デコ素材が時々引っかかったりしてなんとなく違和感を感じます。

しかも手にちょっとぶつかったりすると痛い。
デコ素材が意外と痛いんです。

でもなんとか小さなシマダイやら何匹か釣りあげました。







ちょっと釣果がさみしいので、投げ釣りで釣れたソーダガツオとツーショットを取ってみたりして。



若い女性の方もひらほらといました。
エギングでイカか何かを狙っているようです。

服装もやはりおしゃれですね。
江の島の裏磯は常連のおじさんが多いので、釣りガールはひと際目立ちます。
ロッドを自在に操っている釣りガールはどことなくスポーティーで格好良いです!



10時くらいになると乗合船で観光客の方々が裏磯にもどっと押し寄せてきます。

来る人来る人、おいてあるデコリールに興味を示します。
一番興味を示していたのは観光客の方々でした。

この時間になるとあまり釣れなくなってくるので、そろそろ帰りの準備です。



帰りは乗合船(400円)で帰ります。
行きに来た道を戻って帰っても良いのですが、帰りは上りの階段で膝がガクガクになりますのでご注意を。



さて、結局これといった釣果もなく江の島釣りは終わってしまいました。

教訓としてデコリールもテデコりすぎは良くない!ということ。
やるのであればワンポイントが可愛いかな、と思いました。

今回はタコも釣ろうと思ってテンヤを持って行きました。
このカニも意外と可愛い。。。



釣りの道具の中にはルアーでも意外と可愛いものがあったりします。
次回は可愛い釣り道具を集めてみてもおもしろいかもしれません。

江の島は結構トイレ関係も充実していますので、釣りガールにもお勧めです!
(裏磯からは長い階段を上っていかないといけないのでご注意を!)

↑TOPへもどる

男性はコチラへ!釣りガール姉妹サイト「釣りッター」

広告掲載募集中!釣り具店様、船宿様など釣りに関する広告掲載の募集を行っております。